医師の退職金はどのくらいか

医師の退職金制度

医師の退職金の相場について

医師という職業は様々な勤務スタイルがある職業として有名ですが、その高待遇と特殊な勤務スタイルや年棒制が敷かれているケースが多いということもあり、一般的に退職金という制度そのものが無いという職場も少なくありません。しかし職場によっては存在しているものであるためにある程度の相場というものも存在しています。具体的な金額に関しては立場や役割によってケースバイケースですので平均値はあまり参考になりませんが、中央値としては数十万円というケースも少なくありません。場合によっては月収よりも少ない金額になることもあり得るのです。これは医師という職業は転職が非常に多いという特徴があることにも関連しており、長年勤続して退職金を得るということがあまりないことに関連しています。そのため相場も自然と低い水準に推移することになるでしょう。一般に3年以上の勤務が無ければ支給されないことも多いため、そもそも基準に該当しないケースも多いのです。

退職金の相場があります

医者も労働者ですから勤務すれば福利厚生があります。退職金も福利厚生の一つですが、民間の勤務医なのか、公立病院などの公務員なのかによって、その金額は変わってきます。一部の優良企業は別として、公務員のほうが給与面でも福利厚生でも、民間企業よりも恵まれています。地方に行くほどその差は顕著で、同じような職種、同じ年代で年収に2倍ほどの格差があることもあります。医師の場合も、民間の勤務医よりも公務員の方が年収は多くなっています。その傾向は退職金にも現れていて、民間の勤務医の相場は1200万円、公務員の相場は1500万円から3000万円になっています。これは他の医療従事者、歯科医や看護師にも当てはまります。一般的に医者は高収入ですが、業務を始めてからも新しい技術を習得するために費用がかかります。公務員であればその責任は更に重いとも言えます。単純に退職金の金額だけで、どちらが優遇されているか判断できないこともあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師の退職金はどのくらいか. All rights reserved.